1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:05:59 ID:U27vgBti0

0b711ab3.jpg


 

桃井「はーあ。いっつもテツ君のことばっか考えちゃう。だめだだめだ!あれは中学時代の話なんだから」

桃井「コンビニでたまには贅沢しちゃおっかな♪」


参照:桃井「テツ君と付き合いたいなぁ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349528759/l50
 
 
 

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:07:30 ID:EHeUAzpz0


モモーイwwwwwww




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:08:56 ID:U27vgBti0


イラッシャイマセー

桃井「美味しそうなのないかなー 。あ、この濃厚ティラミス美味しそう!これに決ーめた♪」

店員「ありがとうございましたー」

桃井「歩きながら食べるもんじゃ無いからコンビニの前で食べよ」




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:10:38 ID:U27vgBti0


桃井「あっこれおいしーい。やっぱこれにしてよかった!最近のコンビニデザートってすごい!」

パクパク

黒子「あ、桃井さん」

桃井「・・・!テツ君!」




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:11:39 ID:DFhnw0WP0


腐じゃないのは珍しいな




8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:12:40 ID:U27vgBti0


黒子「お久しぶりです」

桃井「久しぶり~!」(どうしよう・・・これって私が願ったから?)

黒子「桃井さんがコンビニって珍しいですね」

桃井「あぁ うんちょっと寄ってみたくなってね~」




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:14:46 ID:U27vgBti0


黒子「そうなんですか。僕は毎日来てますけど」

桃井「そうなんだ~!テツ君って意外とコンビニマニアなんだね~」

黒子「いや、マニアってわけじゃないですけど」 

桃井「ゴメンゴメン!今日は何を買うの?」




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:16:18 ID:U27vgBti0


黒子「まあ飲み物とかです」

桃井「へ~。まあ部活で疲れたらリフレッシュしないといけないからね~」

黒子「はい。じゃあ買ってきます」

桃井「は~い」 




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:18:49 ID:U27vgBti0


(ど・・どうしよう・・・なんで私緊張してるの!? 久しぶりだから?・・いやいや、久しぶりに会ったときでもいっつもこんなにドキドキしてない・・・さっきまでテツ君の事考えてたからかなぁ・・)

黒子「待たせてすいません」

桃井「いや、全然いいよ~」

黒子「ありがとうございます」




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:20:08 ID:U27vgBti0


桃井「・・・テツ君」

黒子「何ですか?」

桃井「久しぶりだし・・・一緒に帰らない?」

黒子「いいですよ」

(やったーーーーー!!!)




15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:22:37 ID:U27vgBti0


スタ スタ スタ スタ

(何かめちゃくちゃドキドキする!何でだろう・・・)

黒子「青峰君は、最近どうですか?」 

桃井「え?あいつはいつもの調子よ。練習にも行かないでグラビアの写真集ばっか見てる!プンスカ」
 
黒子「そうなんですか」




16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:25:00 ID:U27vgBti0


(どうしよう・・・会話が続かない・・・別に続けなくても良いのかな?)

桃井「なんか喉かわいたからちょっと自販で飲み物かってくるね!」

黒子「僕のジュース飲みます?」

パス

桃井「~~!」




18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:26:57 ID:zHYz4n0d0


>>16

イグナイトパス!




17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:26:40 ID:r1pKuyfmO


期待




19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:27:07 ID:U27vgBti0


(こ、、、これって間接キスだよね!?そうだよね!?飲んじゃっていいの?でも飲まなかったら変に意識されてるみたいにとらわれちゃうし・・・)

桃井「ちょっとだけ・・・もらおうかな・・・」

グビ

(飲んじゃったよ!?いいの!?わぁ!全部飲んじゃった!)




20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:29:13 ID:U27vgBti0


黒子「これお気に入りなんですよ」

ゴミ箱へ ポイ

桃井「そうなんだ・・~美味しかったよ!」

(全然味わからなかった・・てか捨てられちゃったよ・・私のこと意識なんてされてないのかな・・・)




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:31:28 ID:U27vgBti0


桃井「ゲーセン・・・行かない?」

黒子「あそこですか?」

桃井「うん。よくみんなで行ったあのゲーセン。なつかしいからさぁ」

黒子「行きますか」

(やった!テツ君とプリとりたいな~)




22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:33:02 ID:U27vgBti0


ゲーセン

黒子「なんかしんみりとしてますね」

桃井「ゲーム台減ったね~」

(でもプリクラはある! ラッキー!)




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:34:45 ID:U27vgBti0


黒子「とりました」

桃井「わぁ!はやっ!」

黒子「UFOキャッチャーで簡単にとれましたよ」

(こんなおっきいぬいぐるみ一発で取るって・・・やっぱテツ君はちがうなぁ)




24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:37:03 ID:U27vgBti0


黒子「あげます・・・桃井さんに」

桃井「え!?いいの!?」

黒子「はい。家にあってもあれなんで」

(こういうのが私のドストライクなのよ~!やっぱりテツ君ってかっこいい!) 

桃井「ありがとう!」

黒子「いえいえ」




25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:38:22 ID:U27vgBti0


桃井「プリクラ・・・撮らない?」

黒子「プリクラですか?」

桃井「うん♪とろとろ♪」

(いいぞ!私!その調子!)




27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:40:33 ID:U27vgBti0


黒子「せっかくですからね。いいですよ」

桃井「ヤッター!!テツ君ありがとう!」

黒子「いえいえ。たまにはいいかもしれませんね」

桃井「うんうんテツ君わかってる!いこいこ♪」




30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:44:47 ID:U27vgBti0


プリの中

黒子「こういうのあんまやったこと無いんで・・・」

桃井「大丈夫だって!ほら背景は何が良い?」

黒子「んーじゃあ黒でいいですか?」

桃井「黒なんて何にもみえないよ~wwじゃあ私が選ぶ!」

黒子「お願いします」




31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:47:35 ID:U27vgBti0


桃井「準備オッケー♪じゃあカメラ向いて!」

黒子「こ・・こうですか?」

桃井「テツ君堅いよ~wもっといつも通りにして!」

3 2 1 パシッ

桃井「も~テツ君下向いてる~ww」

黒子「難しいですねー」




32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:50:00 ID:U27vgBti0


桃井「じゃあ次はお絵かきだね~」

黒子「絵を描くんですか?」

桃井「違うよ~。デザインするの!」

黒子「じゃあここにバスケットボールのスタンプ張ります」

桃井「相変わらずバスケ大好きなのね~」




33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:51:56 ID:U27vgBti0


桃井「できた!あとは待つだけ!」

黒子「意外と簡単ですね」

桃井「難しがってたくせに~ww」

黒子「もう慣れましたよ」

桃井「嘘つけ!ww」




34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:52:17 ID:oC7quYxo0


はよ




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:53:26 ID:U27vgBti0


・・・・・・・

桃井「テツ君・・・・」

黒子「何ですか?」

桃井「あのね・・・私・・テツ君のことがね・・・」

黒子「はい・・」




37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:54:59 ID:U27vgBti0


デキアガリー

桃井「・・・何でもない!」

バッ

黒子「桃井さん!?ちょっと!プリクラは!?」

タッタッタッタ




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:57:56 ID:U27vgBti0


黒子「あれ?桃井さん・・・どこに・・」

店外

桃井「やっぱり・・・テツ君は今のままでいいや!彼女になりたいけど・・・テツ君は今はバスケの方がいいと思うし・・・・でもプリ忘れたのくやしぃー!」




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:58:26 ID:U27vgBti0


終わりです

ありがとうございました




41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 23:04:06 ID:A0kPrnSB0


くっつくまで行って欲しかったけど乙




42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 23:06:57 ID:7g1M3ef00


結構面白かった乙



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/06 22:18:51 ID:7g1M3ef00

脳内再生余裕でした